杉戸天然温泉 雅楽の湯

杉戸の温泉はうたのゆの公式ブログです。

その理由

スタッフの方とお話をすると、ときどきとても重要なヒントを頂きます。

2月11日の建国記念の日もそうでした。

バックヤードでお皿を拭きながら話をしたのですが、正直驚きました。

昔は行っていたのに、最近は行かなくなったお風呂屋さんの理由について。

"その理由" が悲しくも "成程" なのでした…。

うたのゆも今年の4月で開湯8年を迎えます。

これから特に気をつけていかなければいけない点でもありました。

衛生面は当然なのですが、設備的な面もやはり重要なのですよね。

ありがと。

 

f:id:utanoyu:20191226104118j:plain
※写真は雅楽の湯の源泉あつ湯(女性側)

 

またその方との話ではうたのゆの温泉の成分の濃さによる肌との愛称の話もありました。

そうなんです…。

稀に合わない方がいらっしゃるのです…。

塩分が特に濃い温泉ですので…。

鉄分も多く、それがあの茶褐色の温泉の元になっています。(酸化現象です)

香りも鉄分によるものが多くを占めます。

私もやはり合わない成分の温泉は存在します…。

そうそう、温泉に入った時は、

ご自身の身体の変化にも気を付けてみてくださいね。

 

【編集後記】
一昨日、乳化剤と酸化防止剤等の文字が並ぶ商品をある目的があって一つだけ食べてみました。私は腹弱男で特に乳化剤を怪しいとみています…。(笑) 味は普通に美味しい…。がしかし、約10分後にはお腹周りにチクリとする傷みが生まれました。そしてその約1時間後にもう少し症状は悪く広がるも大事には至りませんでした。一つと言っても愛媛の名菓の母恵夢くらいの小さなものでしたが、ある原因究明の為の試食でした。テーマは乳化剤と私…。あと、イ一ストフ一ドもね。



ちょっと温泉旅行気分♪

杉戸天然温泉 雅楽の湯
nifty温泉さんで全国約1万5千施設の中から5年連続(2013年〜2017年)1位に選ばれました。